お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
お役立ち情報

震災で原発からの放射性物質が福島から関東圏にかけて降り注いで、人々は放射線について少なからず不安を持ち、色々なメディアの情報に惑わされたりした人も多くいたと思われますが、事故から時間を経た今、実際にどんな問題となり残っているのでしょうか。
まず放射線と、放射性物質が混乱しがちですが、放射線は、その名の通り赤外線などと同じで光線のようなもので、放射性物質はその放射線を出す物質、ウランやプルトニウムなどが有名です。
事故当時は放射性物質が風に乗って大量に空気中に漂っていたため、福島及び近県では、外出などの際にマスクをするなど、大気中からの汚染に注意しなければなりませんでした。

お役立ち情報

そして、少したつと、その物質が地面に落ちていたために、地面近くの放射性物質をなるべく取り除く作業と、溜まっているところに近づかないことが大切でした。現在では空気中の汚染はかなり数値が下がってきましたが、またまだ高い地域では放射線を出す物質が地表に残っているからです。特に影響の強い子供たちの利用する教育施設の除染は深刻な問題で、いまだに解決していません。
その環境下で毎日外遊びや運動を制限されているのです。一刻も早く国主導の対応が求められています。